恋愛

あなたの恋は理論派?それとも感情派?

あなたの恋は理論派?それとも感情派?

(公開: 2014年5月 7日 (水)

女の人にされたままの質問を聞き返すことをしない男性はモテることはない。女の人は聞いた相手に同じように疑問をぶつけてもらいたくてそれを聞く。本人がする質問は同様に聞いてほしいという生き物だ。
女の人と会話を楽しんでいる途中なのに、枝毛を見つけていることはないですか?もしこのときの相手が男性の場合は、緊張感から逃れようとしている、違う表現をするならば、憎からずと思っている可能性についても考えてみるのもあり。
「笑っている顔=肯定していますよ」ということ。話しかけてくれている人の自分を肯定してほしいという欲求を満足させてあげる高度なテクニックといえる。自分のくだらないジョークやなんでもないような話をきちんときいてもらって笑顔になってくれるのなら嬉しい。
陥落させたい相手が病でしんどいときこそ気持ちを込めて言ったフレーズや相手のことを気遣っている気持ちを分かってもらえると、息もつかせず相手を近づけられることから、勝負の時期である。
要は、空は女性の恋愛のようなものであり、海については男性の恋である。男性の恋も女性の恋も空には地面が、海には海面という線に限度が実在していることに気がつかないことが多い。
相手への愛情というものはいうなれば義理の鎖で維持されているといえます。それに加えてほとんどの人間の本性は悪であるのだから、そんなか細い鎖は自分の性質で気にせず完全にたち切ってしまう。
よくいわれる、空は女性の恋する気持ちのようなものであり、海というものは男性の恋である。空も海もよいことの反面の線に決して越えることができない上限も加減もあるということに気付かない場合が多い。